〇社会的養護とは

虐待や親の病気、貧困、養育放棄など、さまざまな理由により、実親の元で生活できない子どもたちがいます。そうした子どもたちに対し、社会が責任をもって実家庭に代わる生活の場を用意し、その育ちを保障していくことを社会的養護といいます。
宮城県内では、およそ600人の子どもたちが社会的養護を必要としています。

〇家庭養護と施設養護

社会的養護には、家庭養護と施設養護があります。
・家庭養護は、家庭に子どもを迎え入れて養育するもので里親とファミリーホームがあります。
・施設養護は、施設で子どもを養育するもので児童養護施設と乳児院などがあります。

平成28年6月に施行された改正児童福祉法第3条の2では、

ただし、児童及びその保護者の心身の状況、これらの者の置かれている環境その他の状況を勘案し、児童を家庭において養育することが困難であり又は適当でない場合にあつては児童が家庭における養育環境と同様の養育環境において継続的に養育されるよう、(中略)必要な措置を講じなければならない。

と記され、実家庭で生活できない場合には、家庭養護を優先して考えることが示されています。

〇里親制度とは

社会的養護を必要とする子どもを、温かい愛情をもって家庭に迎え入れ、実家庭に代わって養育していただく制度です。

【里親の要件とは】

里親になるには、特別な資格等は必要ではありません。以下の要件を満たせば里親登録の申し込みをすることができます。

  1. 心身ともに健全であること。
  2. 児童の養育についての理解、熱意、児童に対する豊かな愛情を有していること。
  3. 経済的に困窮していないこと。
  4. 児童の養育に関し虐待等の問題がないと認められること。
  5. 「児童福祉法」、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の規定により、罰金以上の刑に処せられたことがないこと。

【里親の種類】

里親には、次の4つの種類があります。

  1. 養育里親
  2. 家庭を必要とする子どもを自分の家庭に迎え入れ、実親に代わり一定期間、養育する里親です。

  3. 専門里親
  4. 虐待、非行、障害などの理由により、専門的な援助を必要とする子どもを養育する里親です。専門里親になるためには、研修受講などの要件があります。

  5. 養子縁組を希望する里親
  6. 養子縁組を前提とした里親です。

  7. 親族里親
  8. 祖父母などの親族が、実親に代わって子どもを養育する里親です。

【里親になるには】

里親になるまでの流れは、以下のようになっています。児童相談所への相談から始まり、申請そして研修受講と児童相談所による家庭調査、社会福祉審議会での審議を経て里親としての認定登録となります。

里親になるまでの流れ

*養育里親は5年ごと、専門里親は2年ごとの更新研修受講が必要です。 

〇ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)について

ファミリーホームは、養育里親と同じように自分の家庭に子どもを迎え入れ養育する家庭養護のひとつの類型です。養育里親が、委託される子どもの数が4人までなのに対し、ファミリーホームは、5~6人となっています。ファミリーホームを開設するには、別に要件が定められています。