報告 横堀昌子先生講演会(オンライン 家庭養護推進フォーラム代替企画)を開催しました。

3月12日(土) 横堀昌子先生講演会(オンライン 家庭養護推進フォーラム代替企画)を開催しました。

テーマ『あらたな時代の社会的養護と里親養育』 

新型コロナウイルスの影響で、家庭養護推進フォーラムは開催できませんでしたが、代替企画としてオンラインでの講演会として実施しました。

今回のテーマは、これからの社会的養護をどう捉えていくか、里親として求められる姿についてです。

開 会 (13:00~)   

あいさつ・講師紹介:卜蔵(けやき)

行政報告:宮城県子ども・家庭支援課子ども育成班 志賀班長

志賀班長より、宮城県の社会的養護の取り組み状況について、報告をしていただきました。

基調講演:横堀昌子先生(青山学院大学コミュニティ人間科学部 教授)

横堀先生には「あらたな時代の社会的養護と里親養育」について、テーマを2つに分けてお話いただきました。

テーマ① これからの社会的養護の在り方について (50分)

テーマ② これから求められる里親の姿について (50分)

質疑応答のお時間の様子 

一般の方、里親、関係機関、各市町村の行政の方、また、山形県や福島県の方など、他県からの参加もありました。

質問タイムでは、里親になろうと考えている方、里親になって間もない方、里親として子どもを養育されている方から質問があり、

先生から一つ一つていねいな回答をしていただきました。

全体振り返り・閉会 (16:15 終了)

 

たいへんご多忙な中で、横堀先生には講演を引き受けていただき、また、参加者に向けて貴重なお話や資料を提供していただきました。心より感謝いたします。

新型コロナウイルスが収束しましたら、ぜひ来県いただいて、お話の続きを聴ける機会があればと願っているところです。 菅原(けやき)